UP

個人経営店でのバイトって…正直どうなの?

個人経営店でのアルバイトって

有名チェーン店やファミリーレストランなどに比べると、居酒屋や小料理屋さんなど、比較的小規模でこぢんまりとしたお店が多く、「マニュアルを覚える」というよりは働いて仕事に慣れることで「体で覚えていく」スタイルが定番です。小さなお店が多いためもともとの従業員やアルバイトの数が少ないこともしばしば。また、「家族経営」を行っていることで家族ならではのアットホームさをお店の売りにしているところも少なくありません。

個人経営店でアルバイトをするメリット

個人経営店では、先ほどにもあった「お店の小ささ」や「家族経営であること」などから「あたたかく、アットホームな職場です」とうたわれることが多いです。アットホームな職場、という言葉に良いイメージを抱かない人もいますが、暖かでゆったりとしたお店ではアルバイトとして以上に従業員や他のアルバイト生と親密な関係を築くことができる場合があります。たくさんの人間がいることから生じるトラブルに巻き込まれる可能性も低く、慣れてくるとのびのびと仕事を行なえるようになるでしょう。

個人経営店ならではのデメリットも…

アットホーム、小さな人間関係の中で働くというメリットは一転するとデメリットに姿を変えてしまうこともあります。雇用人数が少ない、ということは働ける人が少ないということ。大切な用事があるのに自分しか出られる人がいない…年上の先輩、いつもお世話になっている店主に言われたら出られなくても断れない、なんてことも。また、従業員とトラブルを起こしてしまっても、少ない雇用人数の中で他に相談できる人がおらず、退職に繋がることも少なくありません。個人経営店の、アットホームさやのびのびと働ける環境は魅力的ですが、トラブルに巻き込まれないようしっかりと自分を持つことが大切です!

工場の求人では、幅広い仕事内容の求人が揃っている点が魅力となっており、自分の希望やスキルなどに合わせて選択できます。