UP

医者として活躍するスタイルはいろいろある

勤務医として病院で働く

国家試験に合格して医者になったものの、いきなり個人で病院を経営することはお金もかかり難しいです。親が病院を経営していてその後継ぎである場合の他は、最初は勤務医として病院に勤務することが多いです。病院に勤務する場合には新人であるためにいろいろと大変なことが多く、学ぶことが多いです。一人前の医者になるためには経験値を稼ぐしかないために、勤務医として担当された曜日、時間帯で診療を担当したり、また研究をして論文を書いたりします。

医者がおこなうバイト

勤務医の場合には病院によって勤務体制が決められ、空いた時間帯は自由に利用することができるために、勤務医の中には別の病院で勤務医として働く医者がいます。多くの患者を診ることで経験を積み、それが自分の成長のためにもなるためです。場合によっては単発のバイトの医者として働くケースも多いです。バイトで多いのが健康診断時の検診担当としての医者で、年間通じてバイトの需要があります。特に巡回バスでいろいろな企業を回り検診をおこない際には重要が高いです。

医者として働く上での目標

医者は給与が高いと思われがちですが、勤務であれば世間一般に思われているほど給与がいいわけではないのです。そのために、会社勤務している人が、副業をしているような感覚で主たる仕事以外にバイトを持って生活費を補てんしています。お金を貯めて高額な器具も購入できて個人経営としての病院を開院できた段階で、勤務医よりも比較的良い給与を獲得できます。そのための努力をして自分の病院を持つことを目標としている医者もいれば、勤務医としていろいろな場所でその地域の人のために活躍し続ける医者もいます。

医師のバイトでは、自分のスキルを生かした仕事を行うことができる点に加え、高時給が期待できる点も魅力です。